夏季の対策について

Summer

夏を楽しく過ごすために!夏季うつ対策

「夏季うつ」をご存知ですか。「冬季うつ」は聞いたことがある人もいるかもしれませんが、実は「夏季うつ」も存在しているのです。こういった季節性のうつは「季節性感情障害(SAD)」と呼ばれています。

夏季うつは五月から九月にかけて発症します。夏季うつの症状は通常のうつ病と異なり、はっきりした原因もなく発症するため、ただの夏バテと勘違いする人も多いようです。主な症状は食欲の低下・倦怠感・不眠・体重の減少などが挙げられます。男性よりも女性の方がホルモンバランスの影響があったり、温度・湿度など外部の刺激に敏感だったりするので、夏季うつにかかりやすいそうです。

では、どうすれば夏季うつを防ぐことができるのでしょうか。まず、バランスのとれた食事を心がけることが肝心です。夏場はつい冷たい麺類ばかりになってしまいがちですが、セロトニンの原料となるトリプトファンが欠乏するとうつ状態になってしまいます。

肉類や魚類、乳製品などもしっかり食べるようにしてくださいね。清涼飲料水などの糖分が多いものも飲み過ぎは体に悪いので、水分補給の際にはぜひ水を飲みましょう。

そして、直射日光の浴びすぎにも注意しましょう。ある程度の日光は心身の健康に必要でも、太陽の光を長時間浴び続けると体が疲労してしまいます。夏はプールや海、バーベキューなど楽しいイベントが盛りだくさんですが、節度を守って楽しみましょう。

さらに、部屋の室温は常に快適な温度を保ちましょう。クーラーは体に悪いから使わないという人もいるかもしれませんが、暑さは夏季うつの原因になってしまいます。自分が心地よいと思える温度に調節してください。

また、規則正しい生活を送るようにしましょう。そのためには、夜寝る前にスマホやパソコンを使わない、朝きちんと起きて日光を浴びるといったことが大切です。

夏季うつは、軽度の場合なら季節が移り変われば改善することがほとんどです。とはいえ、日常生活に支障をきたす程症状が重い場合は、精神科を受診することをおすすめします。

このカテゴリの記事一覧