意味がなくても笑顔で笑おう

Smile

たくさん笑ってうつを撃退しよう!

あなたは最近、心から笑っていますか。笑うことは健康によいだけでなく、うつ予防の観点からも効果的なのです。

うつ病になると脳の活動レベルが下がり前頭前野の働きが鈍くなるため、ジョークなどを理解して笑うことが難しくなるそうです。笑うことができるのは、心が健康である証拠なのです。反対に、笑いが少ない人は注意が必要です。

笑うことにより脳が刺激を受け、副交感神経が優位になってリラックスした状態になります。

さらに「幸福ホルモン」と呼ばれる神経伝達物質・セロトニンが分泌されます。セロトニンが出されると心が安定し、ストレスに強くなります。セロトニンはうつ病になると不足しがちになってしまうため、抗うつ剤としてセロトニン分泌作用のある薬も使われます。

この頃あまり笑っていないなと感じる人は、お笑いや落語のDVD を見たりギャグ漫画を読んだりして、積極的に笑ってみてはいかがでしょうか。外出する元気のある人は、お笑いライブや寄席に足を運んでみましょう。

外に出ることで気分転換にもなりますし、迫力のある生の現場を味わうことができます。周囲のお客さんの笑い声を聞いているうちに、つられて笑ってしまうこともあるでしょう。

また、どうしても笑うことができない場合でも、あえて作り笑いをしてみるのも手です。割り箸を口に挟んで口角を上げるだけでも、脳は笑った時と同じ状態になるそうです。そのまま「ははは」と声に出して訓練してみましょう。

「一人で笑いのトレーニングをするはちょっと…」という人は、笑いとヨガの呼吸法が組み合わさった「ラフターヨガ」の教室の門を叩いてみるのも良いでしょう。心身ともに健康になれ、うつにも大いに効果があるそうです。

いかがでしたか。真面目な人ほどうつになりやすいとよく言いますが、実は笑いの足りていない人がうつになりやすいということなのかもしれませんね。何事も思いつめすぎず、一歩引いて自分自身を笑い飛ばすことで、凝り固まった心をほぐしてみませんか。

このカテゴリの記事一覧