泣いてストレスもすっきり解消!

Cry

あなたは最近、いつ涙しましたか。悲しいことや嬉しいこと、気持ちが昂って思わず泣いてしまうことは誰しもあることだと思います。実はこの「泣く」という行為は、ストレス解消にとても有効なのです。

まず、人が感情により泣くメカニズムを見て行きましょう。人は外部から刺激を受けると扁桃体という大脳辺縁系にある神経核で感情を感じます。感情によって交感神経が興奮すると涙腺が刺激され、涙が出るのです。重度のうつ病の人は感情を感じることができなくなるので、泣けなくなってしまうようです。泣くことができるうちは、うつ病でもまだ軽度だといえるでしょう。

泣くという行為によりそれまで高ぶっていた交感神経が落ち着き、リラックス状態で優位になる副交感神経に切り替わります。さらに苦痛を和らげることから脳内モルヒネとも呼ばれるエンドルフィンが出て、緊張をとき気持ちを穏やかにしてくれます。

そして、コルチゾールやプロラクチンなどのストレスを感じた時に分泌されるホルモンを涙と一緒に流してくれます。涙は体内の有害物質を排出する大切な役割があるのです。

このように、泣くことは心の健康を保つのにとても効果的なのです。とはいえ、大人になってから素直に泣くことができなくなったという人も少なくないのではないでしょうか。

でも、泣きたいときに泣けないと余計ストレスが溜まってしまうので、我慢しない方が健康にも良いのです。ちなみに、演技の涙や目にゴミ等が入ったときの涙ではストレス解消効果は得られないそうです。

ストレスが溜まっているなと感じたら、感動する映画を観て思い切り泣いてみるのもおすすめです。一人で泣くのも良いですが、友達や恋人など誰かと一緒に感動を共有することは大きな喜びをもたらしてくれます。泣くと眠くなるので、そのまま朝まで寝てしまうと気分がかなりすっきりしますよ。

いかがでしたか。笑うことも心の健康に良いのですが、ストレス解消という面では泣くことの方が有効なのです。ぜひ日常的に「泣く」習慣を取り入れてみましょう。

このカテゴリの記事一覧