完璧主義を捨て去ろう!

Beauty

うつ病になりやすいタイプには、真面目で完璧主義な人が挙げられます。

特に日本人は他国の人と比較しても几帳面な傾向が強く、中途半端を許せない人が多いようです。

こういった面は、世界でも類を見ないほど精密で質の高い製品を生みだす日本の良さでもあると思います。

しかし、それが、反対にそのような日本社会の気質のせいで追い詰められてしまう人も少なくありません。

うつ病を予防するためにも、100点満点ではなくても自分の頑張りを自分自身で認めてあげることが大切になります。結果が70点でも80点でも、頑張ったのならそれでいいのです。

私も昔は白黒はっきりさせたい性格で、中途半端なことが嫌いでした。

でもあるとき友達に

「いつも白黒はっきりさせなくてもいいんだよ。グレーな部分があってもいいんじゃないかな」

と言われたことでずっと気分が楽になりました。

100点か0点がすべてなのではなく、50点でも40点でも自分なりに力を尽くしたのなら、それを認めてあげるべきだったのです。

そのことがわかった今では、人生がずっと楽になりました。

仕事でもプライベートでも、いつも全力投球しなくていいんです。それに、力を入れるところと抜くところを見極めて事にあたる方が、効率もずっと良くなります。

また、他の人に対してもグレーな部分を評価してあげることが大切だと思います。

たとえ結果が芳しくなくても、部下に対してその頑張りを褒めてあげたり、テストの結果が思ったほど良くなくても、子どもの努力を認めてあげましょう。

うつ病やひきこもりになる人は、子供の頃親に完璧主義を強いられていたという人も少なくないのです。

あなたの優しい心遣いが、他の人がうつ病になるのを防いでくれるかもしれません。

いかがでしたか。長い人生、すぐに完璧な人間になってしまっては逆につまらないと思いませんか。

非人間的な完璧主義を今すぐ捨て、向上心を忘れずにゆっくり自分らしさを大切にして生きていきましょう。

このカテゴリの記事一覧