重いニキビはうつを招く!ニキビを改善して心も健康に!

Beauty

ニキビが顔にできると気分が憂うつになってしまいますよね。私も10代から20代前半にかけてかなりニキビで悩んできました。

色々なことを試してもなかなかよくならず、鏡を見るたびため息をついていたものです。幸いうつ病にはなりませんでしたが、ニキビのせいでうつや引きこもりになってしまう人の気持は痛いほどわかります。

ドイツのシャリテ大学で行われた研究によると、重度のニキビで悩んでいる患者さんはうつ病の有病率が38.6%と、そうでない人の2.4%に比べてずっと高い結果になりました。

また、皮膚科にかかっている10%のニキビ患者さんは心療科や精神科にかかっているのではと言われています。「ニキビは青春のシンボル」などと言われますが、当人にしてみれば人生を左右するほど厄介な存在なんですよね。

だからニキビを改善すれば、うつ病などの精神疾患を予防することができるのです。ニキビの原因は皮脂の過剰分泌やホルモンバランスの崩れによる肌のターンオーバーの乱れなどが挙げられます。そうなると角質が詰まり、アクネ菌など雑菌が繁殖してニキビができてしまうのです。

ニキビを予防するには、まずストレスを溜めないことが大切です。メンタル面が健康だと、肌もきれいになれるんです。ニキビのせいでくよくよしていると、余計にニキビが悪化してしまうという悪循環に陥ってしまいます。

気分がイライラするときは、アロマテラピーがおすすめです。良い匂いをかぐと副交感神経が優位になりリラックスできるだけでなく、体の免疫力を高めることもできるのです。

そして規則正しい食事やバランスのとれた食事、適度な運動を心がけましょう。顔を洗った後は化粧水や乳液で保湿してください。また、肌になるべく触らないようにし、髪が顔にかからないような髪型にしましょう。

いかがでしたか。ニキビ予防に有効な生活習慣は、心身の健康にも大いに役立ちます。ニキビが改善されれば心も晴れやかになり、うつ病を遠ざけることができるはずです。

このカテゴリの記事一覧