失恋うつにならないための心構え

Broken, Heart

失恋は誰にとっても辛いものです。その失恋がうつの原因となってしまうこともしばしばあります。ここでは、失恋後うつにならないための対策をご紹介しましょう。

まず、失恋の苦しい気持ちを抑えないようにしましょう。感情を押し殺して胸にしまい込むより、声を上げて泣いてしまう方がずっとすっきりします。

感情を抑圧してしまうと心の傷はその後もずっと残りますが、吐き出してしまえば傷も段々癒えていくのです。家族や友達に話を聞いてもらったり、思いを紙に綴るのもありです。

そして、自分自身を責めないようにしましょう。

「失恋したのは自分に落ち度があったからだ」
とつい考えがちですが、多くの場合あなたが100%悪い訳ではないのです。

たまたまその人と縁がなかっただけなんだと気楽に構えましょう。

失恋後の心の傷が癒えない間は、一人で考え事ばかりしていても気持ちが沈んでしまうだけです。

友達と遊んだり、仕事に打ち込んだり、趣味を楽しんだりと自分の時間を充実させるようにしましょう。恋人一筋だった人は、自分と向き合う良いチャンスです。この機会に自分の興味のあることにどんどんチャレンジしてあなたの世界を広げましょう。

断捨離もかなり効果があります。元恋人との思い出を想起させるものを思い切って捨てたり、部屋の模様替えをしたり、同棲していたアパートから引っ越したりと、なるべく過去と決別しましょう。あなたの心のなかで元恋人がまだ生きているから苦しくなるのです。

「もう彼は私の中で死んでしまったんだ」と割り切ることで、次のステップに進めるはずです。

また、復縁にこだわって元恋人と連絡を取ったりするのは逆効果です。復縁もゼロではありませんが、相手やあなた自身が変わらない限り難しいと考えた方が賢明です。

失恋後どんなに苦しくても、最終的には時間が癒してくれます。一年後くらいには笑って話せるようになっていることでしょう。失恋を経験したことであなたは一回り強くなっているはずです。

このカテゴリの記事一覧