「サザエさん症候群」を克服しよう

Sunday

日曜日の夕方「サザエさん」や「笑点」など日曜日に放送される番組を見ていると「明日から仕事(学校)かあ…」と思って気分が暗くなる経験は、多くの人にあるのではないでしょうか。これは「サザエさん症候群」と呼ばれ、ブルーマンデー症候群の一つとされています。

日曜の夜から月曜日にかけて憂鬱になってしまうブルーマンデー症候群。克服するためには、休日の過ごし方を見直すことが必要です。

まず、休みだからといって夜更かしや朝寝坊していませんか。体内時計のリズムが狂うときちんと眠れなくなり、月曜日に支障が出てしまいます。朝寝坊は、いつもの起床時間の二時間後以内にとどめておきましょう。

また、休日は家の中にこもってカウチポテト状態で過ごしていませんか。だらだらしていると体や心がすっかり緩み、月曜日に仕事や学校に戻った際余計に疲れてしまうのです。できる範囲で良いので、外に出て体を動かしましょう。がっつりスポーツをするでもよし、ブラブラ街歩きを楽しむのもまたよしです。

また、日曜日の夜は一人で過ごすと暗い気分になりがちなので、友達や恋人など誰かに会うことをおすすめします。とはいえ、帰りが遅くなると明日に障りがあるので、10時くらいには帰宅するようにしましょう。夜はなるべく早く寝るようにすると、翌日体の調子が良くなりますよ。

月曜日というとどうしても「気を引き締めなきゃ」という気持ちになりますが、あまり気張りすぎるのも禁物です。「月曜日はとりあえず職場や学校に行くだけでいいんだ」と気楽に構えましょう。目の前のルーティーンワークを黙々とこなすうちに、段々やる気も湧いてくるはずです。

さらに、自分がウキウキできることを取り入れてみましょう。お気に入りの洋服を着てみたり、ランチに好きなものを食べに行ったり、仕事終わりに遊びに行ったりと、ちょっとした楽しみを作ってみては。

いかがでしたか。月曜日は誰しも憂鬱になりがちですが、ちょっとした工夫で乗り切ることができるのです。

このカテゴリの記事一覧