「とにかく頑張り過ぎない」が最大の予防法

Work

あなたは日頃、頑張りすぎていませんか。
「頼まれたらどんなに忙しくても断れない」「疲労の感覚が麻痺するほど働いてしまう」というタイプの人は注意が必要です。

毎日少しだけ何かをするだけでよい。

そういった普段の疲れが溜まっていくことで、うつ病になってしまう場合も大いにあるのですから。

自分を必要以上に追い込まないためには、時には断ることも必要です。断ることで嫌われてしまうのではないか、低い評価を下されてしまうのではないかと心配になる人もいるでしょう。

でも、頼まれた仕事がきちんとできない状況なら、逆に引き受けた方が失礼になってしまいます。

他人の自分への評価を気にするより、客観的な立場で「できる」「できない」を判断する方が、結果として「仕事のできる人」になれる近道かもしれません。

そして、時には人に頼ることも大切です。人に任せた方がその人の成長にプラスとなる場合もありますし、頼まれた人も「私は頼りにされているんだ!」と嬉しい気持ちになれます。

また、しっかり休むことも重要です。頑張り屋な人は休むことが苦手な人も多いですが、心と体のために意識して休むようにしましょう。

どうしても疲れがとれないときは、有給を使うのもありです。日本人は有給の消化率が世界的に見てもかなり低いようですが、せっかくの権利に遠慮はいりません。

「今頃同僚は頑張っているのに自分ときたら…」と、休むことに罪悪感を抱くこともありません。

人間は誰しも休息が必要なのです。心が疲れているときにどんなに頑張っても、成果は出にくくなります。いい仕事をするためにも、きちんと休んでエネルギーを充電しましょう。

休むときのポイントは、オフの時は仕事のことを一切考えず、家庭に仕事を持ち込まない・家族や友達とコミニュケーションを取る・趣味やスポーツを楽しむ・好きなものを食べるなどが挙げられます。

さらに、たっぷり睡眠を取ることもストレス解消につながります。ストレスを感じている時は脳が疲れているので、質の良い深い眠りによりカッと熱くなったオーバーワークの脳を冷ましてくれるのです。

たまには休日に朝寝坊してみませんか。

このカテゴリの記事一覧