きちんとした水分補給でイライラ・うつが消える?!

Drink, Water

毎日きちんと水分補給を心がけていますか。実は、体内の水分が不足するとうつ状態になりやすいそうです。

まず、十分に水分が足りていないとき、体は自然と甘いものを欲してしまいます。

しかしこの状態で甘いものを食べると血糖値が急上昇し、それを下げるために多量のインスリンが分泌され、結果として低血糖に陥ってしまいます。急激に低血糖になると気分が落ち込み、うつ状態になってしまうのです。

また、水は体内の新陳代謝に大きく関係しています。私たちの体は70%が水でできていることは有名ですが、細胞は何と85%が水分で構成されているのです。水がどれほど人間にとって大切なのかは明らかですね。

うつ病になると神経伝達物質のセロトニンが減少することが知られています。水分不足だとセロトニンの材料となるトリプトファンが脳内にきちんと運ばれず、ブロックされてしまうそうです。

そのため、うつ状態を引き起こしてしまいます。さらに、水分不足だと肝臓の働きが鈍り負担がかかることで、多くのトリプトファンを消費してしまうそうです。

それでは、どのような水分補給がうつに効果的なのでしょうか。一日のトータルの目安量は二リットル程度です。といっても一気に大量の水を飲むのではなく、こまめに補給することが肝心です。

一回で体内に取り込める水分量は決まっているので、多く飲み過ぎた場合は体外に排出されてしまいます。

一回分の目安はコップ一杯分程度です。
お茶やコーヒー、ジュース、清涼飲料水、牛乳などは水分として吸収されず食物として消化されるので、かえって水分不足を招いてしまうのです。これらを飲むときは、必ずお水も一緒にどうぞ。

いかがでしたか。実は多くの人が日頃から水分不足に陥っているようです。
職場ではコーヒーやお茶しか飲まないという人は、これからはミネラルウォーターのボトルを持参するようにしてみてはいかがでしょうか。

水分補給を意識的に心がけるようにして、うつを防ぎましょう。

このカテゴリの記事一覧