初めてのデートは焦っちゃだめ!

Lover

出会いに積極的になるのは良いことですが、焦りすぎて前のめりにならないように気をつけましょう。
ガツガツしていると思われたら相手の気持ちも冷めてしまいます。

私の知人の話です。
彼女は婚活用の出会いサイトに入っていて、そこで知り合った人とデートすることになったそうです。
でもそのデートした相手はなかなか曲者だったとか。
「将来子供は何人ほしいですか」「親と同居でも大丈夫ですか」など、いくら婚活中とはいえ初対面の相手に尋ねるにはふさわしくないことを聞いてきたそうです。
彼女もさすがに引いてしまったとのこと。
挙句の果てに、断りもなくいきなり手をつないできたそうです。
彼女の話では、その男性は恋愛経験が乏しく異性との接し方がわからなかったために、そのような言動をとってしまったようです。
結局、その男性には丁重にお断りしたそうです。

この男性のような過ちを犯さないためには、一回目のデートは相手の人となりを知るためだけに目的を絞りましょう。
シビアな話題は避け、楽しい話題を心がけましょう。
とにかく初回のデートは「この人といると楽しいな、心地良いな」と思ってもらうことが大切です。

結婚の条件や将来のことについては、もう少し距離が縮まってから話すようにしてください。
また、ボディタッチなども一回目のデートでは男女ともにしないほうが良いでしょう。
女性の場合でも、男性に「この人あざといな」「男慣れしているな」などと思われてしまいます。

さらに、初回のデートは短めに終わらせるのが吉です。
無駄にだらだら長引かせて「早く帰りたいな」と思わせるよりも、「もうちょっと話したかったな」と思わせた方が次回のデートにつなげやすくなります。
おすすめはランチタイムです。
ランチを食べてコーヒーを飲んで解散、くらいがちょうど良いのです。

いかがでしたか。
焦りたくなる気持ちもわかりますが、恋愛や結婚は相手あってのものです。
一人よがりにならず、相手の気持ちを大切にしていきましょう。
そうすればきっと良いご縁が見つかるはずです。

このカテゴリの記事一覧