様々なトラブルを解決!「腸活」を始めよう!

Beauty

腸の健康は、体全体の健康に大きく関わっています。

実は腸には脳に匹敵するくらいの数の神経細胞があり、食物の消化のみならず老廃物や毒素の排出、栄養素の吸収や血液の生成など、様々な機能を担っているのです。

腸の機能が低下すると肌荒れや便秘を引き起こしたり、口臭や体臭の原因となったり、太りやすい体質になったりします。

さらには、脳内物質の分泌にも影響を与えてうつ状態をひき起こし、ひいては大腸がんなど大病の引き金にもなってしまいます。ここでは、そんなトラブルを回避するために腸の健康を守るコツをご紹介しましょう。

腸内環境を整えるには、腸に良い働きをする善玉菌を増やし、悪影響を与える悪玉菌を減らすことが必要です。

そのために納豆やヨーグルト、キムチなどの発酵食品を積極的に摂りましょう。さらに善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維を含んだ野菜・果物・きのこ類・海藻などもしっかり食べるようにしてください。

反対に油ものやスナック菓子、甘いものは悪玉菌を増やしてしまうので、なるべく控えましょう。

食事の際には腸に負担をかけないよう、よく噛んで食べましょう。噛むことにより満腹感を感じるので、食べ過ぎにも効果ありです。そして、十分な水分補給もお忘れなく。

一日1.5リットルを目安にしてください。水分はお通じを良くしてくれるので、便秘がちの人は今一度水分補給を見なおしてみましょう。冷たい水は腸を冷やしいてしまい機能低下の原因になるため、常温の水か白湯がおすすめです。

適度な運動により腸の働きが活発になるので、日常的に体を動かすように心がけましょう。激しい運動をせずとも、階段の昇り降りやウォーキングなど毎日できる範囲のことで大丈夫です。

また、マッサージをすると腸が元気になるのでおすすめです。仰向けで寝転がりリラックスした状態でおへその上や下のあたりをそっと押したり、おへその周りをくるくる時計回りにマッサージしてみてください。アロマオイルやリラクゼーション音楽などを楽しみながらやると気分も穏やかになり効果的です。

このカテゴリの記事一覧