美肌効果のある食品はこれ!美肌をつくる食生活

Cheese

本気で肌をきれいにしたいなら、食生活を見なおしてみることをおすすめします。いくらスキンケアばかり頑張っても、なかなか美肌になれません。肌は体のコンディションを映す鏡でもあるので、体の内側から健康なら肌もきれいになるのです。

まず、バランスよく食べることを心がけましょう。ご飯やパン、麺類などの主食、お肉や魚などの主菜、そして野菜や海藻類・きのこ類などの副菜を毎食きちんと食べるのです。

メニューを決めるときは、栄養面にも注目してみましょう。とりわけビタミンB群は美肌づくりに欠かせません。

体の代謝を促進し肌荒れを予防するビタミンB2、肌のターンオーバーを助け乾燥を防ぐビタミンB6などは特にしっかり摂取しましょう。

ビタミンB2の多く含まれている食品は、豚肉・レバー・チーズ・アーモンド・小松菜・ほうれん草などです。ビタミンB6は色の濃い野菜や卵などに豊富です。

肌に潤いが欲しいときは、コラーゲンを多く含む食品を摂りましょう。コラーゲンは肌の弾力を保つために必要な成分で、コラーゲンが減るとしわやたるみの原因になってしまいます。

手羽先や軟骨、フカヒレやうなぎなどを食べて積極的にコラーゲンを取り入れましょう。

さらに、肌の調子を整えてくれるビタミンCもマストです。ビタミンCはタンパク質やミネラルと共に肌の素となる栄養素です。

活性酸素を取り除いたり、過剰な皮脂の分泌を抑えたり、シミの元となるメラニン色素の働きをブロックしたりと、美肌の強い味方なのです。ビタミンCが豊かな食品は、柑橘類・野菜類・緑茶などです。

新陳代謝を促す亜鉛と共に摂ることをおすすめします。

ちなみに、亜鉛は牡蠣や牛肉、たらこなどに多く含まれています。体の組織を作るタンパク質もはずせません。大豆や肉類、魚類などもしっかり食べましょう。

いかがでしたか。食生活が充実していれば、自ずと肌もきれいになれるはずです。ぜひおいしく食べて美しく健康になりましょう。

このカテゴリの記事一覧