肌老化を防ぐには湿度にも気を配る

水

空気にも適度な潤いを!健康と美を守る湿度のお話

適度な水分補給は体に必要ですが、体内だけでなく空気中の水分も健康を保つために欠かせません。今回は、湿度が私たちに与える影響と湿度対策についてお話します。

まず、人が快適で健康に過ごすためには40%から60%程度の湿度が適切だそうです。湿度が30%以下だと、肌や粘膜が乾燥してしまいます。

肌が乾燥すると肌本来のバリア機能ががくっと下がり、肌や髪がかさかさになったり、シワの元になってしまいます。皮膚の柔らかい目元や口元は特に注意が必要です。若い人でも、乾燥した場所に長い間いるとシワができてしまうそうです。また、人によってはかゆみを引き起こすこともあるとか。

肌だけでなく鼻やのどなどの粘膜にも悪い影響を与えるので、感染に対する防御力が低下してウィルスの侵入を許してしまいます。その結果、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまうのです。

反対に湿度が60%以上だと、肌には快適でも部屋の結露やカビ発生の原因になってしまいます。それに、あまりに湿度が高いと汗が蒸発できず肌に不快感を感じます。まさに高温多湿の日本の夏がそうですね。

空気の乾燥は冬場だけというイメージがあるかもしれませんが、実は夏もクーラーのせいで空気が乾燥しがちなのです。なるべくクーラーや暖房器具を使わない方が良いのですが、そうも言っていられませんよね。

そこで活躍するのが加湿器です。加湿器を選ぶときは使用するお部屋の大きさを考慮し、こまめにお手入れもしましょう。加湿器内の水が傷んでいたりフィルターが不潔だったりすると逆効果ですから。

また、オフィスなど加湿器などが置けない場所では、水を入れた花瓶や観葉植物を置くだけでも手軽に潤いを得ることができます。植物は動けない分自分の力で環境を変えることができるので、空気が乾燥している時は自らの体から水分を出して湿度を調整するのです。

いかがでしたか。毎日湿度計を見る習慣をつけ、適切な湿度を保てるよう気を配ってみてください。

このカテゴリの記事一覧