正しいケアをしてチャーミングなまつげをキープ

Eye

魅力的な目元に欠かせないまつげ。黒々としたきれいなまつげを保つために、今一度いつもの習慣を見なおしてみてはいかがでしょうか。

まず、まつげの役割についてお話しましょう。まつげは女性のチャームポイントとなるだけでなく、目を保護するために不可欠な存在なのです。まつげは眼球の水分蒸発を50%も防ぎ、空気中のほこりやちりから目を守ってくれるのです。この効果を発揮するには、ある程度のまつげの長さが必要になります。

まつげがスカスカになると見栄えが悪いだけでなく、眼病にもつながってしまいます。まつげを守るためにも、以下の習慣はすぐやめるようにしましょう。最初に、ゴシゴシ力を入れて洗うことです。目元の肌は薄くデリケートです。

アイメイクを落としたい場合には、ポイントメイクリムーバーを使いましょう。オリーブオイルでアイメイクを落とすのもおすすめです。

次に、まつげエクステやまつげパーマ、過剰なマスカラはまつげが抜ける原因になる恐れもあります。こういったものはここぞという時だけにして、普段はあまりアイメイクをし過ぎないよう気をつけましょう。

美しいまつげを育てるために、目元の血行を促進しましょう。蒸しタオルで温め、それから優しくマッサージするとポカポカになります。さらに、まつげ美容液を使うのも良いでしょう。使用する際は説明書をよく読み、使い方をしっかり守るようにしてください。また、絶対に美容液を目の中に入れないよう気をつけましょう。

外側からケアするだけでなく、内側からもケアしてツヤツヤのまつげを育てましょう。

まつげにいい栄養素は、L・シスチン、必須アミノ酸の一つであるメチオニン、ビオチンです。

L・シスチンは髪や爪に多く含まれるケラチンを構成する成分で、牛肉や鮭、小麦粉などから摂取できます。メチオニンは鶏肉や牛肉、カツオ、マグロ、乳製品、豆腐、ナッツ類などに豊富です。

最後のビオチンは、レバーや魚介類、大豆、ほうれんそうなどから摂ることができます。まつげが何だか元気ないなと思ったら、こういった食品を積極的に摂るようにしましょう。

このカテゴリの記事一覧