正しい洗顔がきれいな肌をつくる

石鹸

ただやみくもにゴシゴシ顔を洗っても、美肌になるどころかかえって肌がボロボロになってしまうことになりかねません。ここでは、肌をきれいに保つための正しい洗顔方法をご紹介しましょう。

まず、洗顔の目的を知りましょう。

そもそもなぜ洗顔をするのかというと、酸化した皮脂や汗、メイクなどを落とすためです。余分な油分は、ニキビなどの肌トラブルを招いてしまいます。とはいえ、肌に必要な皮脂や天然保湿成分まで落としてしまわないように気をつける必要があります。

基本的に、朝の洗顔はぬるま湯ですすぐだけで十分です。熱すぎず冷たすぎない、三十度程度の温度がおすすめです。冷水は汚れが落ちにくい上に肌の代謝を鈍らせてしまい、熱いお湯は肌に必要な皮脂まで落として肌を刺激してしまうので、注意しましょう。

夜の洗顔の際は、自分の肌に合った洗顔料を使いましょう。洗顔前にはよく手を洗い、清潔にしておきます。それから洗顔料を適量手に取り、水を混ぜてよく泡立てましょう。

100円ショップなどで泡立てネットを入手しておくと便利です。

たまご大の弾力ある泡ができたら、いよいよ洗顔開始です。

イメージとしては、手指で洗うのではなく泡を使って汚れを落としていくといった感じです。

最初は顎やおでこ、鼻筋など皮脂の分泌が盛んな部分から始めましょう。力を入れずそっと優しく洗っていくようにしましょう。目元や口元など皮脂が少ないところは、泡を付ける程度で十分です。

洗顔が済んだら、洗顔料が残らないように ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

すすいだ後は、清潔なタオルで軽く水分を拭き取ります。雑菌だらけの汚いタオルだとニキビや吹き出物の原因となるので、なるべく毎日交換しましょう。

拭くときは、決して力を入れてこすらないようにしてくださいね。

注意してほしいのは、ニキビができやすい脂性タイプの人でも顔を洗い過ぎないことです。一日2回、上記の洗顔法で十分です。洗い過ぎると皮脂が余計に分泌され、余計ギトギト肌になってしまうのです。

このカテゴリの記事一覧