UVケアを心がけて日差しに負けない肌に!

紫外線

太陽の光に含まれる紫外線が肌に悪いことは有名ですが、一体どのような影響を与えるのでしょうか。ここでは、紫外線について詳しく見ていきます。さらに、紫外線対策のケア方法もご紹介しましょう。

紫外線とは、太陽光に含まれる目に見えない光のことです。英語ではUV(UltraViolet)と呼ばれます。紫外線に注意すべきなのは夏だけでなく、春先や9月あたりもケアが欠かせません。肌に影響を与える紫外線には、UVAとUVBの二種類があります。

UVAは、肌の奥深くの真皮まで到達するのでコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、シミやたるみなど肌の老化を促してしまいます。さらにメラニンを活発にさせるので、肌が黒くなります。このUVAはガラスを通り抜けるため、室内にいても注意しましょう。

一方UVBは、肌の表面に影響を及ぼすので、肌が赤く炎症を起こしたり、ソバカスやシミの原因となります。ガラスは通過しないので、外にいるときにだけ気をつけましょう。

紫外線から身を守るためには、つばの広い帽子をかぶったり、長袖の服を着たり、日傘を差したり、サングラスをかけたりしましょう。

さらに、日焼け止めも合わせて使用しましょう。日焼け止めを使う際には、日焼け止めに表示されているPAやSPIの意味を正しく理解しておきましょう。

まずPAとはProtection Grade of UVAという意味で、UVAに効果があります。PAの場合、+のマークが多いほど効果が高くなります。日常生活の範囲では「+」、屋外でのライトなレジャーやスポーツなら「++」、強い日差しの下での活動なら「+++」がおすすめです。

一方SPIはSun Protection Factorの略で、肌の赤み(サンバーン)の原因となるUVBを防ぐための目安になります。こちらも数字が大きいほど強い効果を得ることができます。例えばSPIが20の日焼け止めの場合、何も塗らない場合と比べて20倍の時間サンバーンを防いでくれるということになります。

とはいえ、SPIの数値が高いとそれだけ肌にも負担になるので、目的と自分の肌と相談して決めましょう。healthy-beauty

日常使いなら10から20程度で十分です。それ以上の数値の日焼け止めは、屋外でのレジャーの際に使うことをおすすめします。

このカテゴリの記事一覧