冷え症に負けない体を作るポイント

雪

あらゆるトラブルを引き起こす冷え症!冷えに負けない体づくりを目指しましょう

体が冷えているな、と感じることはありますか。冷え症は美容と健康の大敵です。

ここでは、冷えが体に与える影響と効果的な冷え症対策をご紹介しましょう。

まず、冷え症を訴えるのは男性よりも圧倒的に女性が多いのですが、それは女性の体のつくりに原因があるようです。

女性は男性に比べて体の熱の六割をつくり出す筋肉が少なく、子宮や卵巣などの複雑な器官があるので血流が滞りがちになるのです。

スカートやお腹を出したファッションなど、若い女性の間で露出の多い格好が好まれることも理由の一つに挙げられます。

さらに冷え症の原因となるのは体質のせいだけでなく、ストレスや運動不足、長時間のエアコン、添加物のとり過ぎ、貧血などあらゆる理由でが引き金になってしまうのです。

そして、冷え症は生理や喘息・アレルギー性鼻炎も悪化させてしまう恐れがあるそうです。

それだけでなく、冷え症は体全体の健康にも大きな影響を与えます。血液の循環が悪くなると栄養素や酸素が体の隅々まで行き渡らず、消化器官も鈍くなります。

酸素の足りなくなった脳はぼんやりし、頭痛を引き起こします。

体の代謝も悪くなるので痩せにくくなり、肌もくすんだ色になってしまいます。老廃物もなかなか排出されないので体臭がきつくなり、ニキビや湿疹など様々な肌トラブルを引き起こします。

このように、冷え症はとても恐ろしいものなのです。

では、冷え症にならないようにするためにはどのようなことをすべきなのでしょうか。

まずは、毎日の食事から見なおしてみましょう。バランスの取れた食事を心がけ、なるべく温かいものを食べるようにするのです。

生野菜は体を冷やすため、あまり食べ過ぎないようにしましょう。特におすすめの食材はショウガです。

ショウガに含まれているショウガールとジンゲロールという成分が、体をポカポカさせてくれるのです。薬味に使ったり、チャイティーとして飲んだりして、ショウガの恩恵を授かりましょう。

水分を補給するときは、ぜひ白湯で。

体温より温かいものを口にすれば代謝も活発になり、冷え症が改善されるのです。

また、運動不足も冷え症の原因になるので、なるべく体を動かすようにしましょう。駅の階段を昇る、ひと駅分歩いてみる、オフィスのデスクワーク中に時々ストレッチをするなど、ちょっとした運動で構いません。

毎日続けることで血流がよくなるはずです。

このカテゴリの記事一覧