誰しもが必要とされる人になれる!

Work

自分は人に必要とされないと思い込んでいませんか?

昔、私は仕事や人づきあいでうまくいかず

「誰にも私は必要とされてないんじゃ・・・」

と友人にこぼしたことがあります。

そのとき友人から返ってきた言葉にはっとさせられました。彼女はこう言ったのです。

「じゃあ、必要とされる人になればいいんだよ。」

と。

そのとき私は目からうろこが落ちる思いでした。確かにそうだ、自分が変わればいいんだ。それ以来、私は誰かに必要とされる人になれるよう努力してきました。

もちろん、仕事をできるようにする、能力をアップするなど自分のスキルを上げることもしました。

でもこれには限界があります。人間は完璧ではないので苦手なこともありますし、いくら頑張っても皆がオールマイティーになれる訳ではありません。

頼られる存在になる

だからその代わりに、気持ちの面で人に頼ってもらえる存在になろうと思いました。

疲れているときや辛いときに、一緒にいるだけでほっと安心してもらえる人になろうと考えたのです。

それなら特に能力に秀でていない私にもできることです。悩んでいる人の気持ちを受けとめてあげることは、常日頃悩んでばかりいる私の得意分野でしたから(笑)。

きっと誰でも、誰かに必要とされる存在になることができるはずです。

できないことがあっても、ひとつのコミュニティで認められなくても、人に使えないといわれても、あなたは不要な存在などではありません。
(そもそも、それを判断するのは他人ではなく、自分自身だと思うのです。)

今、自分にできること

まずは自分にできることを考えてみましょう。

あなたが人に貢献できることは何ですか。すぐに見つからないという場合でも、大丈夫。焦らずゆっくり考えていけば、自ずと見つかるはずです。

自分の長所が見つけられたら、後はそれを伸ばしていくだけです。

そして、他の人の長所も見つけられるようになればさらに良いですね。あなたのこういうところに助かっていますよ、

とさりげなく伝えてあげればきっと感謝されることでしょう。他の人の良さを評価できる人は、すでに誰かの役に立っているのです。

このカテゴリの記事一覧