近くて遠い?こんなにも違う男女の見解や価値観!

男, 女

近くて遠い?こんなにも違う男女!

女性と男性は、もちろん同じ人間ですが似て非なるものです。ここでは、異性とのおつきあいがうまくいくために男女の違いをご紹介しましょう。

これを知っていれば、無意味な勘違いを未然に防ぐことができるかもしれません。

そもそも見ているところが違うという事実

まず、根本的に男女は世界の見方が異なります。
一般的に男性はその場その場で起こったことだけにフォーカスするのに対し、女性は今までの積み重ねで物事を見ているといわれています。

だから例えば、彼氏がデートに遅刻してきたとします。
その時点で不満なことは彼の遅刻なのですが、

彼氏に文句を言っているうちに、
遅刻とは全く違う別の不満も持ち出して非難してしまうなんてことはありませんか。

それは彼にとってみれば、「どうして今そのことまで言われなきゃなんないの!?」という状態なのです。
基本的に昔のことを覚えているのは女性。男性は女性ほど詳細・そして鮮明には記憶していません。

男性に注意するときは、あれこれ言いたくなる気持ちもわかりますが、今起こったことだけに絞った方が聞き入れてもらいやすいようです。

このように女性は日々の積み重ねで今の状況をとらえるので、不満も積もりに積もるとある日爆発してしまうのです。

多くの男性が「女性はなぜ突然きれるんだ?」と疑問に思っている点です。

溜め込んでしまう性格の人は要注意

当然この思考法を持っていない男性には理解されないので、何かパートナーに不満があるときは、その場で我慢しないで小出しにしていくとストレスも溜まりにくいのでおすすめです。

さらに、男性は女性よりも同時に多くのことを考えるのは苦手なようです。

彼氏となかなか連絡が取れないとき、彼に「仕事が忙しくて」と言い訳されても、同時にいろいろなことが考えられる女性には納得できないでしょう。

でも、彼の言葉は本当であることも多いのです。彼の言葉を信じて、「今この人は仕事に真剣に取り組んでいるんだな」と思ってあげましょう。

いかがでしたか。男女の違いを意識するとしないでは、彼への接し方も大きく異なると思います。この記事がパートナーとの絆を深める助けになれば幸いです。

このカテゴリの記事一覧