溜めない・考えない!嫌なことはさっさと忘れる

明るい

嫌なことはさっさと水に流してしまいましょう

生きていれば誰しも嫌なことに遭います。これは絶対です。

でも、嫌なことを避けようとして何事にも消極的になってしまう
これはもったいないことです。ここでは、嫌なことと折り合っていく私なりの方法をご紹介します。

シャットダウンして他のことを考える

嫌なことがあった直後は、ついそのことばかり考えてしまいがちですよね。

でも、あえて
「もうこれ以上考えないぞ!」
と強制的に思考をシャットダウンしてしまいましょう。

考えてもさらに不快な気分になるだけですし、良いことは何一つありません。

それに、考えれば考えるほど脳の回路が強化されてしまい、マイナス思考が身についてしまうのです。

嫌な出来事のせいで自分がもっと損することになるなんて、ばかばかしいですよね。

首をブンブンふって無理にでも楽しいことを想像する

そしてその代わりに、楽しかったこと、わくわくできることを思い描いてみましょう。
間違っても怒りに身を任せて周りの人に八つ当たりしないように気をつけてくださいね。

後で必ず後悔することになるし、人間関係が悪化してしまいますから。

自分にとって心地良いことを想像すれば、自然と気持ちも穏やかになれるはずです。
それに、プラス思考を身に着けるという意味でも有効な手段です。

ちなみに私は、気分転換のために思い切り笑えるギャグマンガを読むことにしています。マンガを読むと、たいていのことは真剣に考えるのがばかばかしくなります!

一定のところまで沈静化してから考える

気持ちが落ち着いたら、

「嫌なことから得たこと」
について考えてみましょう。

例えば、「友達に約束をドタキャンされた」

けど、

「そのおかげで溜まっていたテレビ番組の録画を見ることができた」

といったように、良かったことだけに目を向けてみましょう。

そうすれば「まあいいか」と寛容な気持ちが生まれるはずです。良いことを見つけることができれば、嫌な出来事にさえ感謝の気持ちを抱くことができるものです。

嫌なことが克服できてしまえば、もう何も怖くありません。

いかがでしたか。幸せな状態はいつまでも続きませんが、嫌なことだって同じなのです。辛い経験と折り合っていく経験は、きっとあなたの人間性を高めてくれることでしょう。

「嫌なことがあったら、まずはシャットダウンして楽しいことだけ考える」

「時間が経って冷静になったら嫌なことから学んだことについて考える」

このカテゴリの記事一覧