コツさえつかめば誰でも会話上手に!

会話

コミュニケーションに欠かせない会話ですが、意外と苦手という人も多いようです。

私も正直それほど得意ではありませんでしたが、今ではだいぶコツがわかってきました。ここでは、私が会話で気をつけていることをご紹介します。

話すのが上手いのが会話上手な人じゃない

まず、相手にもよりますが特に立場が上の人と話す場合、話し手よりも聞き手に回るようにしましょう。

人は自分の話を聞いてもらうのが好きなものです。だから、聞き上手の方が案外重宝されるようです。

話を聞くときのポイントは、相槌をきちんと打つことが挙げられます。「そうなんですか」といった普通の相槌に加え、「それで、どうなったんですか」など、話の続きを促す言葉を挟むと効果的です。

さらに上のテクニックとして、相手の話した内容を
「それって、○○ということなんですよね」
というように要約すると

「この人、ちゃんと話聞いてくれているな」

と相手に思わせることができます。

要するに相手に自分を「どう見せるのか?」が一番

時には要約の内容が相手の意図していた内容と違ってしまう場合もあると思いますが、そこはあまり気にしないで良いと思います。とにかく真剣に耳を傾けているということが相手に伝われば良いのですから。

自分の意見を言いたいときは、相手の意見を真っ向から反対するのではなく、一度「そうかもしれませんね」などと肯定する言葉を挟んでから話を展開しましょう。

とはいえ、世の中には話好きな人ばかりとは限りません。寡黙なタイプの人との会話は、どうすれば良いのでしょうか。私はまず、相手に質問することから始めています。とはいっても一方的に質問攻めにすると相手も困惑するでしょうから、質問したら自分も(聞かれてなくても)答えるようにしています。

反応が薄くても、相手は意外と興味を持ってくれていることもあります。

話した内容に対して引っかかるものがあれば、相手から質問が来て会話が広がるなんてことも。

大人しいタイプでも興味のある話題だと饒舌になる人もいるので、何かきっかけをつかめるよう探ってみましょう。

このカテゴリの記事一覧