美肌効果のある食品はこれ!美肌をつくる食生活

本気で肌をきれいにしたいなら、食生活を見なおしてみることをおすすめします。いくらスキンケアばかり頑張っても、なかなか美肌になれません。肌は体のコンディションを映す鏡でもあるので、体の内側から健康なら肌もきれいになるのです。

まず、バランスよく食べることを心がけましょう。ご飯やパン、麺類などの主食、お肉や魚などの主菜、そして野菜や海藻類・きのこ類などの副菜を毎食きちんと食べるのです。

メニューを決めるときは、栄養面にも注目してみましょう。とりわけビタミンB群は美肌づくりに欠かせません。

体の代謝を促進し肌荒れを予防するビタミンB2、肌のターンオーバーを助け乾燥を防ぐビタミンB6などは特にしっかり摂取しましょう。

ビタミンB2の多く含まれている食品は、豚肉・レバー・チーズ・アーモンド・小松菜・ほうれん草などです。ビタミンB6は色の濃い野菜や卵などに豊富です。

肌に潤いが欲しいときは、コラーゲンを多く含む食品を摂りましょう。コラーゲンは肌の弾力を保つために必要な成分で、コラーゲンが減るとしわやたるみの原因になってしまいます。

手羽先や軟骨、フカヒレやうなぎなどを食べて積極的にコラーゲンを取り入れましょう。

さらに、肌の調子を整えてくれるビタミンCもマストです。ビタミンCはタンパク質やミネラルと共に肌の素となる栄養素です。

活性酸素を取り除いたり、過剰な皮脂の分泌を抑えたり、シミの元となるメラニン色素の働きをブロックしたりと、美肌の強い味方なのです。ビタミンCが豊かな食品は、柑橘類・野菜類・緑茶などです。

新陳代謝を促す亜鉛と共に摂ることをおすすめします。

ちなみに、亜鉛は牡蠣や牛肉、たらこなどに多く含まれています。体の組織を作るタンパク質もはずせません。大豆や肉類、魚類などもしっかり食べましょう。

いかがでしたか。食生活が充実していれば、自ずと肌もきれいになれるはずです。ぜひおいしく食べて美しく健康になりましょう。

睡眠を見直すだけで、見違える美肌に!

美肌づくりに欠かせないと言われる睡眠。睡眠不足だとどうしても肌のアラが気になってしまいますよね。ここでは、睡眠が肌に与える影響と効果的な睡眠方法をご紹介しましょう。

眠っている間に子供が成長するように、肌も睡眠時間内に変化するのです。

その変化に不可欠なのは、成長ホルモンです。
成長ホルモンは体の機能を調え、正常に働かせる上でなくてはならないものなのです。もちろんお肌も例外ではありません。

眠っている間は副交感神経が優位に働き血流が増えるため、体の隅々まで成長ホルモンなどの豊かな栄養を送り届けることができるのです。

この成長ホルモンは肌のハリや弾力維持に欠かせない潤いを保つ他、古い角質をはがし新しい皮膚に生まれ変わらせるターンオーバーを促してくれるものです。このターンオーバーが正常に行われないと肌がくすみ、ニキビや吹き出物ができやすくなってしまうのです。

しっかり成長ホルモンの恩恵を受けるためには、睡眠方法にもこだわってみましょう。ゴールデンタイムという言葉を聞いたことがありますか。これは、成長ホルモンが最も分泌される時間のことです。

一昔前までは22時から2時までの時間を指していましたが、今では睡眠の初めの3~4時間くらいがゴールデンタイムだという説が有力です。

きちんと眠るためには、寝る二時間前くらいまではパソコンやスマホなどの液晶画面は見ないようにしましょう。

これらは太陽の光に含まれるのと同じブルーライトを発するので、脳が冴えてしまうのです。入浴は寝る一時間前に済ませ、本などを読みながらリラックスしましょう。

お茶やコーヒーなどはカフェインが含まれるので、寝る前に飲む物はハーブティーや麦茶、水がおすすめです。特にカモミールティーは気持ちを穏やかにし、良い眠りに導いてくれます。

いかがでしたか。睡眠を改善するだけで、驚くほどきれいな肌を手に入れることができるはずです。お金もかからず誰でも手軽にできる最高の美容法を、今一度見なおしてみてはいかがでしょうか。

女性の多い職場で生きていくためのコツ

働く女性が増えている昨今、女性の多い職場で働いているという人も少なくないのではないでしょうか。

ここでは、ちょっと難しくややこしそうな、女性の多い職場でうまくやっていくコツをご紹介しましょう。

女性が多い職場で働くコツ

接する相手によって態度を変えない

まず大切なのは、誰とでも平等に接することです。女性はグループや派閥を作る傾向にありますが、派閥外の人との関係性が悪くなるので、なるべくならそれに属さない方がよいでしょう。

あいさつは全員にきちんとする、人によって対応を変えないなど、基本的なことから押さえておきましょう。

プライベートな話はしない

さらに、女性は仕事の能力よりも人柄を重視する傾向があるので、日々のコミュニケーションはとても大切です。かといって友達ではないので、あまりプライベートなことを出しすぎないように気をつけましょう。

おしゃべりをするときは、見たテレビ番組や映画など無難な話題がおすすめです。旅行に行ったときは、お土産をお忘れなく。ささやかな心遣いがあなたの評価を上げてくれます。

人の噂話や悪口に悪乗りしない

コミュニケーションをとる中で、誰かの悪口が話題に上ることもあるかもしれません。

だけど、あなたまで悪口に乗るのは禁物です。もし悪口を言おうものなら、いつどこで本人に漏れるかわかりません。

悪口を振られたときは、「そうなんですか」と、否定も肯定もしない流し方をしておくことが無難です。

仕事や上司の愚痴を言いたいときは、職場の違う友達に聞いてもらいましょう。

女性ばかりだと同僚とも友達同士のような雰囲気になりやすいですが、友達と違い利害関係があることをお忘れなく。

また、女同士の場で女性らしさを出しすぎるのも禁物です。女性はだいたいぶりっ子タイプが嫌いなので、感情的になるなど、あまり女を感じさせる言動をとるのはよくありません。

女性に好かれる女性は、さばさばした姉御肌タイプです。あなたの性格を変えるのは難しいかもしれませんが、職場ではいつもよりクールなタイプを気取ってみるのも悪くないでしょう。

服装も可愛い系より、大人っぽい落ち着いたファッションがおすすめです。

いかがでしたか。一見大変そうな女同士の職場ですが、ちょっとの気遣いでうまくやっていけるはずです。

【今すぐできる】職場の男性とうまくやっていくための3つのコツ

男と女は違う生き物で簡単にわかり合えないというけれど、職場ではわかりあえなきゃ困りますよね。ここでは、職場の男性とうまくやっていくためのコツをご紹介しましょう。

職場の男性とうまくやっていくための3つのコツ

感情的にならない

まず、感情的にならないように気をつけましょう。一般的に女性は男性よりも感情を交えて話す傾向にありますが、ビジネスの場では抑えるようにしましょう。

例えば部下が男性の場合、注意する際に「そういうの好きじゃないんだよね」と感情的に言ってしまうのではなく、「こういう理由があるからちょっと難しいんだよね」と論理的に説明すると相手も納得してくれます。

どうしても感情的になってしまいそうなときは、一度深呼吸や一服などして冷静になってから話を始めると良いでしょう。

必ず結論から先に話す

次に、結果を報告する際はプロセスからではなく、まずスパッと結論から切り出すようにしましょう。

女性は途中経過を大切にしますが、男性にとっては何より結論が重要なのです。

だから、先にプロセスを話すことは男性に回りくどいと思われてしまうのです。考えながら話すのではなく、一度頭の中で整理してから話をしてみましょう。

話し上手ではなく聞き上手に徹する

さらに、職場の男性とうまくやっていくためには時に女性らしさを武器にすることも大切です。
とはいっても、色気を使うというわけではありません(笑)。

男性同士は多くの場合、職場でお互いライバル視しながら働いているので、どうしても気を緩める隙がありません。でも、共感してくれる女性には弱みを見せることができるのです。そんな時励ましたり話を聞いてあげたりすれば、あなたに対する評価や信頼感もぐっと上がるはずです。

また、飲み会などでも男性の愚痴や自慢話を聞いてあげましょう。「面倒くさいな」と思うかもしれませんが、気持よく話を聞いてくれる存在は重宝されますよ。

ビジネス上の関係といえども、このような信頼関係が何より大切なのです。

いかがでしたか。コツがわかれば、職場の男性とも苦もなく接することができそうですね。ぜひ実践し、あなたのキャリアを充実させてくださいね。

苦手な上司克服法!まずは社外でランチを

よほど恵まれた職場でない限り、どんな職場にも「どうもこの人苦手だなあ」と思ってしまう上司は必ずいることでしょう。ここでは、そんな職場の苦手な上司とうまくつきあっていくためのコツをご紹介しましょう。

まず考えてみてほしいのは、「その人は本当に嫌な人なのか」ということです。

学生時代に飲食店でアルバイトしていた時の体験談

私自身の経験からお話しましょう。

私は学生時代飲食店でアルバイトをしていたのですが、初めての日に仕事を教えてくれる担当者以外で「あれは○○してください」「これは□□ですよ」と色々指示をしてくる人がいました。

私は初日なので気持ちに余裕がなく、あれこれ言われることにムッとして「この人は意地悪なのかも」と思ったのですが、その人の人柄を知るうちに「彼女は意地悪なんかじゃなく、善意で教えてくれただけだったんだ」と思えるようになったのです。

このように、あなたの苦手な人も実はあなたのことを考えてそのような言動をとっているのかもしれないのです。

とはいえ、その苦手な人のことをよく考えてみて「実はいい人かも」「いや、やっぱり嫌な上司だ」と意見も様々でしょう。でもとりあえず、一度だけその上司をランチに誘ってみてから最終的に判断してみてはいかがでしょうか。

飲み会だとプライベートな時間を犠牲にしないといけませんが、ランチなら就業時間内の一時間だけです。それなら気軽に誘いやすいのではないでしょうか。ランチ代も、誘ったあなたが負担すると好感度も上がるでしょう

(飲み会やディナーと違って、それほど手痛い出費にならないはずです)。

社員食堂ではなく、社外の飲食店がおすすめです。

一歩職場から離れると気分もゆるみ、つい本音が出やすくなるものです。感じの良い料理のおいしいお店を事前に見つけておきましょう。

一時間話してみて「やっぱりこの人苦手だな」という結果に終わってしまう場合あるでしょうが、「意外と悪くないかも」と思えれば今後のつきあいも良いほうへ変わっていくはずです。

参考『口下手でも1時間で誰とでも仲良くなれる技術 ランチは1人で食べるな!』平野敦士カール著、ゴマブックス、2013年